ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.02.18 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.06 Sunday

好きなもの②

 パート1の時に書いたけど、旦那さんが帰ってきた時に食べたがるものの一つ。
ラーメン(ん?書いたっけ?)
って、北海道に住んでる旦那さん、ラーメンは北海道に山のようにおいしい店があるじゃんか!
と私的には思っているのだけど、ラーメンに関しては、「ラーメン」っていうカテゴリーだからというのではなく、
どうやら「ここのラーメンだから」という理由で食べたいそうな。
そんな一つ。

わが町にある、ホント普通のラーメン屋のラーメン。
が広島の味(自分の中の)だから食べたいんだそうで。


でも、私も超好き。
しょうゆラーメンなんだけど、ベースは魚介系だし。
でも、魚の粉っぽい、ざらっとした舌触りやクセの強さなどはまったくなくて、
ほんの〜り風味的に香ってる感じ。
ちなみに私、つけ麺とかの魚介系主張した付け出しは苦手です。
流行っているけど。
ラーメンでもそういう主張系はちょい苦手。

でもこれは好き〜

このお店の店主は女性なんです。
もともとは旦那さんがされていたお店だったのですが、お亡くなりになって、引き継がれたようです。
めちゃおいしいので、いつもすごい人気でいつも満席。
でも、土日以外は昼の営業のみ、土日も早くに終了してしまうので、なかなかタイミングが合わず
すごく近所なのに、なかなか行けない。
って、私一人だと平日昼間にいつでも行けるけど、さすがにオッチャン達で満席の店内に
おひとり様で行く勇気が出ず・・・です(笑)

久しく行ってないわ〜
旦那さん今度帰ってきたら行くって言わんかな〜(笑)


にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
2013.08.28 Wednesday

お気に入り①

 涼しくなりました〜
朝晩は涼しいを通り越して、肌寒いぐらい。
布団が薄いせいか、今朝起きたら喉が痛い・・・風邪の引き始めかも。
季節の変わり目、体調を壊しやすいので気を付けてください。

まだ最近食べたものを整理していないのでずっと前に撮ってるものだけどお気に入りの「外ご飯」を紹介。


まずは、広島市内に何店舗かある中華料理のお店。
「老四川」

旦那さんが広島に帰ってきたときに、よく行く(ていうか、主治医)病院が広島の新天地にあって、
そこ行くときは、一緒に連れてってもらって、ランチして帰ります。
待ってる間は私は、街ぶらしますよ〜(広島一番の繁華街なので)

たまにはオシャレなお店でランチしたいと思う妻なのですが、旦那さん、たまにしか帰れないので
帰ってきたら、「広島でしか食べられないお気に入り」をって思うようです。
なので、だいたい
①お好み焼き(同級生のやってる店)
②ラーメン            
        ③うどん屋「呉のうどん」または「ちから」     
         http://www.chikara.jp/index.php
④中華              
⑤焼き肉屋            
  の、5択です。(爆)オシャレ度はみじんもないわ。

老四川は家族で気に入ってます。
いろいろおいしいけど、ランチではランチセットか、麺単品にから揚げとかつけることが多いかな。
から揚げも、絶品です。あと、チャーハンもうまし。
麺のお気に入りは、あまり他では食べられない「刀削麺」ですね〜。
アレですよ、ごろっとした塊を刃で器用に削ってお湯の中に飛ばして湯がくっていうやつ。
そのパフォーマンスもさることながら、この麺がおいしいんだよね〜。

娘は普通の刀削麺、私はいつも「酢辣麺」の刀削麺にしてもらいます。
  
左が酢辣麺、右が普通の刀削麺

このての辛さがホント好きなんです。
もちろん辛いけど、なんていうんだろ?しょっぱい辛みではなくて、サッパリした辛みね。
酢の要素があるから、キリッとした後を引くうまさ。
何よりよそでは食べられないので、私はこれ。
このスープに削った刀削麺の麺がツルツル〜っとホントにオイシイ。
白い服は危険ですが。w

※昔の画像なので、だいぶ画質が悪いです。

②につづく〜



にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ

2013.08.13 Tuesday

広島街ぶら。

 せっかく久々に夫婦で街まできたんだし〜って、久々に街ぶら。
演奏時間は「15時35分」。
発表が「19時45分」。
学校での解散が「21時過ぎ」
と決まっているので、(ほぼ時間どうりに進みます)
とりあえず、お昼食べてからゆっくり会場入りすることに。

私が「ウナギウナギ」言ってたから、旦那さん調べてくれていたようです…
ただ、結構いい値がしましたが。(ー_ー)


こちら。

「たこつぼ」
いくつか店舗があるようです。

こちらは、カウンターのみの小さなお店。
こ、ここまで本格的なお店で鰻食べんでもよかったんだけど〜とかケチいことを思いつつ・・・
メニュー見てさらに悩む。だって、予算オーバーじゃん。w
二人で食べたら財布の残金がかなりさびしくなるがな〜ってね。(笑)
ま、でも、気を取り直して!
だって、鰻自体、今度いつ食べられるかわかったもんじゃないし。^^;
鰻重〜〜〜〜〜〜〜〜。
(3,500円也)
(旦那さんは、遠慮したのか?「ひつむし」頼んでました(笑)
(2,500円也)
しかも、「どちらも大盛りで〜!」だって。
私、食べられんて〜って言ったのだけど、「いや、俺が食うし」とか言って、二つとも大盛りにする夫。w

小鉢と、お汁と漬物がついてます。

最初に小鉢が出てきました。
ていうか、カウンターの上にあった煮つけた野菜の鉢から一個一個取って盛り合わせてくれます。
といってもその数10種類。

ごめんね、大将・・・w
上にあるのがそれぞれの鉢。
そして盛り合わせたものがこれ。
●大根
●ナス
●オクラ
●かぼちゃ
●がんも
●レンコン
●里芋
●昆布
●(あと一個隠れてますが、忘れちゃった。)

どれもちょ〜〜〜〜〜〜おいしかったの。
ビックリしちゃった。
柚子が効いてて上品なんだけど、しっかり味が染みていて絶品でした。
いや〜〜〜、これ、鰻も期待できる〜!!!
(テンションあがりますーーーー)

そしてついにご対面。

じゃ〜〜〜〜ん。
重って丸いのね?
わりと小ぶりなお重ですが、なんせ「大盛り」なので。w
中にも鰻が一切れサンドされてました。

なんていうのかな〜。
そっか、鰻ってこんなんだったよね?って。
脂っこさなんかこれっぽっちもないし、香ばしくてふわふわ!!!!!
そしてタレがまたヤバいよ。
買ったりスーパーのウナギについてくるタレってすごい甘〜〜〜〜ったるいけど、全然違うもんね。
(かなり当たり前の話だな)

それが、多すぎも少なすぎもせずちょうどいい感じにごはんに絡んでるの。

ごはん大盛りだったけど・・・
「ごめん、足りんぐらいやわ」ってガツガツ食べて一人で完食。

もうね〜
鰻さいこーーーーーーーーーーーー!!!!!
こんなの食べたら、もうスーパーで鰻は買えないよ・・・どうしてくれる?


お漬物もホントにオイシイ。
ここまで全て完璧。

お汁は、貝汁か野菜のお味噌汁、肝吸いのどれかを選べます。
二人とももちろん肝吸で。
(写真はありません)

もう、本当においしすぎて大変でした。
こりゃ、この値段は全然納得でしょ。

て感じでした。

「割烹」なので、鰻だけでなく、いろんな魚料理が絶品らしい。
なんか特に「コイワシ」が有名とのこと。
一品の刺身としてはメニューに載っていなかったけど、
こちらも同じく炊き合わせやお汁物、ごはんなどがついてやはり3,500円でした。

平日なのに、一元さんは私らだけで、お得意さんばかりの店内。
でも、敷居が高いわけでもなかったし、何よりおいしいし。
また行きたいな〜と思う嫁なのでした。(笑)
娘は連れて行かん。まだこの味はわからんだろう。w

ちなみに、大盛りとか言ったけど、メニューにはもちろん書いてない。
そして、値段は変わらなかった…
いいんだろうか?w



::::::::::::::::::::::::::


この日8月9日は長崎の原爆の日。
3日前の6日に原爆記念日を迎えてる広島にもとても深い日。
広島は平和教育が小さい子供のころから浸透いています。
嫁に来た私はとても驚いたりしたもの。
6日の午前8時15分、一斉にサイレンがなり、多くの人が黙祷をささげます。
娘はこの時学校にいたけど、そこにいた子たちも全て黙祷していたようです。

8月6日が何の日か、知らない若い子たちも多くいる中、広島の子たちは小さいころから
当たり前にこの日を大事にしてきました。

私も「知ってはいても、きちんと意識することなく」この日を過ごしてきた大人の一人です。
テレビを見て、「あ、この日か」って程度に。
だけど、広島に来てから少しずついろんなことに触れる機会が多くなりました。
いいこと、悪いことということではなく。

終戦から、今年でもう68年。
近い将来本当の意味で体験したこととして知っている人はいなくなってしまいます。
広島の子どもたちは、こういう方達にお話を聞いたり、貴重な機会をたくさん持てた子が多くいます。
しっかりつなげてほしいなぁと思わずにはいられません。

あれから68年。
広島の街はこんなに美しい街になっています。
ご遺体がたくさん浮いていたという「元安川」
とても長い期間、植物が再生することはないと言われた街は今では緑が多くとても美しい街です。


Powered by
30days Album
PR